地域や宗派によって異なってくるタイミング

2020年12月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故人を荼毘に付したあと、納骨をすぐにでも行う場合と七七日のタイミングで行ったり、一周忌を目安に納骨を行うというところもあります。地域差もあるので、自分が住んでいる地域ではどのタイミングなのかということをチェックしておくとよいでしょう。葬儀会社でも相談に応じてくれるので、分からないことがあったらその地域の葬儀会社に何でも聞いてみるとよいでしょう。気持ちの整理がつかないということであれば、告別式の後すぐにお墓に納める必要はありません。

続きを読む

納骨に決められたルールがある訳ではありません

2020年11月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身近な人が亡くなると、精神的なショックが大きく立ち直れないことがあります。しばらく何もする気が起きずに、自らを責めてしまう方も多いと言われています。心の区切りを付けるタイミングとしては、納骨があると言われています。かつては四十九日が一つの目途と言われていましたが、最近は大きく変わって来ています。一周忌や三周忌に納骨をする方もいますし、自宅の仏壇とお墓を兼ねる宅墓というスタイルもあります。手元供養のあり方も変わって来ていますし、いろいろな方に相談をして決めると良いと言われています。

続きを読む

地域によって異なってくるタイミング

2020年10月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逝去をした後に荼毘にふすことになりますが、荼毘にふした後の遺骨に関しては納骨のタイミングが地域によって違います。宗教の関係もあるのかもしれませんが、基本的には葬儀を執り行った家庭の事情を考慮するということもあるようです。葬儀が全て終了をして、そのまま納骨をするというところもありますし、七七日に納める場合、一周忌に納める場合などもあります。出来るだけ一緒にいたい、自分が逝去をした時に一緒にお墓に納めて欲しいと考えている人もいるので、その場合には遺族の気持ちが落ち着くまでということになります。

続きを読む

大きな変化を遂げている冠婚葬祭

2020年09月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時代は少子高齢化ですし、全ての面でルールやしきたりが変わって来ています。冠婚葬祭が良い例ですが、最も影響を受けているのが葬儀・告別式だと言われています。無論、昨今のコロナウイルスの影響も多分にあると言われています。コンパクトな葬儀・告別式が主流になっていて、費用はガクンと下がって来ています。また、納骨の方法も変わって来ています。理由は無縁墓だと言われていて、お墓が荒れてしまうのを怖れて納骨堂を選択するケースが増えています。

続きを読む

納得のいく方法で納骨をしましょう

2020年08月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域によっては告別式の後に納骨をしたり、告別式の後に火葬をした場合には荼毘に付したその日に納骨をするということもあります。しかし地域によっての違い、ということなので気持ちの整理がつくまでは手元に遺骨を遺しておきたい、手元供養をしたいと考える人もいます。七七日などの法要の際に行うという方法もあります。気持ちの整理ができるまではずっと自宅に安置しておきたいということであっても、それが遺族の気持ちであれば誰にも責めることはできません。

続きを読む